Original

コンパクトハウスのメリットとデメリットって何?

大豪邸って必要ですか?

子供が生まれ、独り立ちしたら夫婦だけ。
本当に大きな家って必要でしょうか。

この記事では、今話題のコンパクトハウスのメリットとデメリットを簡単に分かり易くまとめました

あなたのマイホームへの架け橋となれれば幸いです。

 

大切なことは快適化住環境と無理の無い間取り

 

生活するのに無駄の無い自然な動線があり、子供がいても目が届く範囲に遊ばせられ、そして老後でも安心して暮らせる。

それが丁度良い間取りではないでしょうか。

これはワタルハウスで提案しているコンパクトハウスです。

一見狭そうに見えますが、そこは工夫。

開放的なのに「まとまって」いる便利な家です。

 

コンパクトハウスの魅力・メリットとは?

 

ここではコンパクトハウスの魅力をご紹介します。

 

コンパクトハウスのメリット

 

とにかくコストダウン!!

コンパクトハウスは、一般的な住宅に比べて建物のサイズが小さく、狭い土地に建てることができることです。

土地が狭いと、建築時にかかる費用が安くなり、市街地で価格の高い住宅用地でも費用を安く抑えて手に入れることができます。


また、住宅の建築地が小さいと、国定資産税や都市計画税等の負担も軽くなります。

 

コンパクトハウスの空間設計

コンパクトハウスは空間設計が命です。

狭い土地に建てるからこそ、住まいのアイデアが息づいています。

計算された導線や、効率のよい収納スペース。

徹底した無駄を省いた家だから、掃除やメンテナンスも容易です。

つまり、暮らしやすい家を追求した空間設計と言えます。

現代の暮らしにはピッタリの住まいということです。


 

コンパクトハウスの間取り

見落としがちな点ですが、住まいが大きいと無駄に壁や廊下が増えてしまいます。壁が増えると、それだけ採光のための窓も増えていきます。窓の資材と工賃もかかりますし、広ければ広い程、冷暖房のエネルギーを逃がすことになり、結露が発生します。すると、家が傷みやすくなります。

コンパクトハウスは、導線をしっかりと考え、光や風が通り抜ける設計が施されています。結果、快適な環境ができ、冷暖房のコストがカットされるのです。

 

そして、コンパクトな間取りにすることで、家族の気配をいつも感じることができるのは大きな利点です。特に赤ちゃんやお年寄りと暮らす場合、気配を感じられる環境は、それだけで安心できますね。

 

コンパクトハウスのデメリット

コンパクトハウスだからといって、利点だけではありません。

土地が狭いからこそのデメリットもあります。

 

家を建てるには、これから住んでいく周囲の環境を確認しておくことが重要です。 コンパクトハウスは小さな土地に建てるので、住宅と住宅との間に建設することも少なくありません。

つまり、隣の住宅との距離が近くなってしまいます。

ご近所迷惑にならないように、深夜の照明で明かりが漏れるのを気にしたり、騒音にならないように気配りが必要です。

ですが、これらのデメリットは言ってしまえば

「暮らす上で極当たり前の事」

ですから、常識の範囲内でもありますよね。

 

つまりコンパクトハウスは良いの?悪いの?

 

ライフプランにもよりますが、少人数家族であれば、コストも削減できるコンパクトハウスは賢い選択肢と言えます。

やはり土地は狭いので、広い庭でガーデニングがしたいなどの夢がある方にはお勧めできません。

ただし、アイデア次第でその夢も叶えられます。

ワタルハウスでは、あなたの

「こんな家に住みたい!!」

を叶える設計をしています。

無料相談会も随時しておりますので是非足を運んでみてくださいね。