Original

家を建てるための頭金、貯めてますか?頭金についてザックリ解説!

 

住宅ローンを組むにも、頭金はとても大きなウェイトを占めています。

でも、実際いくらくらい貯めるものなのでしょう。

 

家づくり相談会でもよくあるこのご質問、今回はザックリと答えてみます。


 

頭金の相場は幾ら? 

 

住宅ローンの視点から考察してみます。

 

一般的には、頭金は物件価格の2割は必要とされています。

 

住宅口ーンの貸出基準は、物件価格に占める借入額の比率を、物件価格の8割以下にするのが基本です。

 

言い換えれば、

「通常の民間ローンでは、物件価格の8割以下しか融資できない」

ということです。

 

2,000万円の家であれば、融資の最大額は1,600万円くらいですね。

なので、頭金は400万円必要という計算になります。


 

家の頭金の平均は100万~500万くらい 

 

実際はどうでしょうか。
土地があれば土地代はいりませんから、家を建てる費用のみです。

頭金もその分減りますね。

 

なので相場というものはあまりあてになりませんが、私たちのお客様は

 

100万~500万円の間

 

の方が多いように思われます。

 

ご自身の資産状況も加味されてのことですので、これだけの幅があるんですね。

 

 

頭金を貯める第一歩はお家づくりノート

 

しかし!実際貯めるのは結構しんどいです。

 

日々の暮らしでの支出に加え、欲しいものや旅行、イベントもあるでしょう。

つまり、様々な誘惑も転がっているので、それを我慢するなりしなければお金は貯まりません。

 

貯金をするにも、気持ちのコンディションを整えることは必須なのです。

では、家づくりの為のお金を貯めるには、どうやってコンディションを造ればいいのでしょうか。

 

家計簿よりも効き目が大なのが、お家づくりノートです。

 

このお家づくりノートに関しては次回の更新で明らかにしていきます。


 

まとめ

 

大体は100万円~500万円の範囲内で頭金を用意している方が多い傾向があります。

住宅ローンの規定目線でいくと、総費用の2割を用意できれば安心ということです。

 

その中でも、今20代の方に人気があるコンパクトハウスは少し事情がかわりますね。頭金なしでも建てられる場合があるため、有力な選択肢となっているようです。

 

頭金の前に、どんな家がいいか。ジブンにはどのような家が必要かを考える方が先ですね。