Original

愛媛県松山市で注文住宅を建てる段取り・流れの「5つのステップ」をご紹介!

松山市で注文住宅を建てたい!その流れ把握してますか?

松山市で注文住宅を建てたい!と思い

実際に行動に移し、完成するまでには

遅くて3年、早くて2年程の余裕を持つことが大切です。

その間にどう貯蓄していくかも考えられますからね。

 

この記事では、5ステップに分けた

注文住宅が出来上がるまでの流れをご紹介しています。

3分程で読めますから、最後までお付き合いくださいね。

 

Step 1 理想と現状を軽くまとめる

どんな家がいいのか。間取りはどうしよう?

その前に、あなたを取り巻く現状を整理してください。

仕事、子供、学校、職場など、今の生活の基盤を考慮しながら

どのあたりに家を建てたいかを大まかにイメージします。

※このイメージが土地探しで重要です。

 

その後、何階建てがいいか、間取りはどんな感じ?家の外観は?

など、家族間で話し合い、イメージを強く持ちながら要望をまとめていきます。

※このまとめたものが、プラン、間取りを造る際に役に立ちます。

 

最も大事なのはこのStep1です。

しっかり時間を取って吟味しましょう!!

 

 

Step2 土地を探す!キーは不動産と建築両方できる工務店

 

どの辺りに家を建てたいかイメージが出来上がったら、いよいよ土地探しです。

土地は不動産会社、建築は工務店と、別々に探すよりは、土地探しも、家づくりも一貫して行ってくれるところがおススメ

 

理由は簡単!
 

土地を工務店に診断してもらわないと、理想の家が建てられるか分からないから

 

です。地盤の強さや都市計画に触れていたり、各種法的な制限がどの程度あるのかを調べます。当然不動産会社さんでもある程度把握しているでしょうが、実際に調査しないと分からないのが現状。注文住宅を多く手がけた工務店ならば、このあたりはスムーズです。

 

時短の為にも、不動産と工務店が一緒になっていて、一貫して行える会社を選ぶことをお勧めします。

 

※自分で土地を探していると「建築条件付き」という言葉を見かけますよね?これは、土地売主が指定する建築会社と建築工事請負を契約することが条件となります。気に入った工務店ならいいのですが、そうでないなら・・・注意が必要ですね。


 

Step3 土地購入、契約

 

いよいよ土地購入の契約です。土地を購入する際に、手付金は土地代金の10%が一般的ですが、持ち主との契約によって異なる場合があります。

 

契約後に買主の都合でキャンセルする場合は、手付金の返金は無いのが一般的。

手付金の他に、「仲介手数料」「契約印紙代」などの諸費用も別途必要となる場合も。

 

※工務店が土地を探してくれた場合は仲介手数料が無料の場合があります。

 

手付金以外の残りの代金等ですが、一般的には、土地を購入して注文住宅を建てる場合、先に土地だけ引渡し直前に支払う(残金決済)ことが多いです。

 

支払いときいて身構えてしまいますが、払い方は様々

自己資金で支払う、つなぎで借入れをする「つなぎ融資」を利用する、土地と建物を一緒にローンを組む手続きが可能な場合など、手段は探せばいくらでもあります。

 

このあたりも不動産会社、工務店と相談しましょう。

 

※残金決済時にはお金がかかる

「登記費用」や「仲介手数料の残額」などが別途かかることがあります。
契約前に確認しておきましょう。


 

Step4 家のプランや間取り、設計をしよう!

 

 

いよいよ「どんな家を建てるか」を検討します。

 

Step1で挙げた理想を相談しつつ、ベストな間取りを検討します。

 

キッチン、リビング、水回りはこだわりましょう。

 

こちらの「失敗しない間取り」記事も参考にしてください

子育てに適した間取りもどうぞ。
 

建物のプランが固まったらいよいよ施工の「請負契約」です。

契約の際には目を通すべき書類が4種あります。

「工事請負契約書」

「工事請負契約締結書」

「見積書」

「設計図書」

です。これらはかなりの量になりますので、事前に写しをもらっておいて、分からないところや疑問は事前に問い合わせてください。

 

※この4つは目を皿にしてしっかり把握してください!

 

契約すれば、いよいよ着工・・・ではありません。

自分たちが考えた建物プランが建築基準法などの法令に適合しているかについて、行政や民間の指定確認検査機関に建築確認の申請をして、確認審査を受けます。

この建築確認済証の交付を受けなければ建築工事に着工することができませんからとても重要です。たいていは施工会社がしてくれます。

 

Step5 着工→上棟→竣工 施工がはじまったらすることがあります

 

請負契約をし、建築確認済証の交付も受け工事が始まったら、「地鎮祭」や「上棟式」「近隣住民への挨拶」など、やるべきことはこれから沢山増えてきます。

 

後は施工会社にお任せ・・・はやめましょう。しっかり現場に足を運んでください。お互い顔の見えるお付き合いがとても大切です。

 

家の出来不出来にもかかわってきますから、建ててくれている大工さんとのコミュニケーションを大切にしてください。

 

LAST 引渡し・入居とその後

 

最後、引渡しの前に、施工会社の担当者、工事管理者等と一緒に建物をチェックする必要があります。これを「完成立会い」といいます。

 

床や壁などに汚れやキズがないか、建具がスムーズに動くかなどをしっかり確認しましょう。

 

何か不具合があれば、それをいつ頃修理するのかを明確にして、書面で確認してください。

 

これらとは別に、建築基準法に基づいき、「特定行政庁」または「第三者機関」による「完了検査」もあり、こちらを通過すれば、手続きは完了です。

※工務店さんの指示で動いていれば大丈夫です。

 

家の鍵や保証書などを受取れば、夢のマイホームライフの始まりです!

 

如何でしたか?

凄く簡単にまとめた、注文住宅を建てる流れをご紹介しました。

 

ワタルハウスではどうなの?

上記の流れは変わりません。ただし

 

土地の仲介手数料無料!

アフターメンテナンス完備!

納得のいく間取りの提案!

長期優良住宅保証!

 

など、松山に根ざした工務店ならではのサービスで、20代から果ては60代、の家づくりをしています。

 

松山市で、土地探しから家づくりまで一貫して行うなら、私たちワタルハウスへご相談ください。